ブログ|江戸川区でインプラント治療の出来る歯科をお探しの方は立川歯科医院 瑞江診療所まで

時間 日祝
9:30~13:00 /※ /※
14:30~19:00 /※ /※

休診日:水曜・日曜・祝日
祝日のある週は水曜日診療いたします。
矯正歯科は毎月第4日曜日です。

〒132-0014
東京都江戸川区東瑞江1-12-6
グリーン・ティエラ101

  • 地図
  • アーカイブ

  • カテゴリー

歯周病、どれくらい進行してる?「歯周ポケット」の深さでチェック

2019年11月2日

こんにちは。
東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。

 

歯周病は、最初は「少し歯ぐきが腫れている?」と感じる程度の軽い『歯肉炎』から始まります。放置していると症状が『歯周炎』へと進行していきます。

 

ここでは、歯肉炎から歯周炎への進行過程について、段階別に紹介します。歯周病かもしれない、という不安を抱えている人は、チェックしてみてください。

 

 

歯周病の進行段階を「歯周ポケット」の広さでチェック

 

歯と歯ぐきの間に、すき間ができていませんか?そのすき間を「歯周ポケット」といいます。歯周病が進行すると、歯周ポケットが深くなっていきます。

 

1.健康な状態
歯周ポケットは、1~2mm。健康な歯ぐきは血色のよいきれいな色をしています。

 

2.歯肉炎
歯周ポケットは、2~3mm。歯垢がたまって歯ぐきに炎症が見られ始めます。
この段階で早期発見できれば、毎日の歯磨きをきちんと行って状態を改善することができます
しかしながら、初期段階では自覚症状がないのが歯周病の特徴でもあります。異変に早く気づくためにも、定期的な歯科検診やメンテナンスを受けるようにしましょう。

 

3.軽い歯周炎
歯周ポケットは、3mm以上に。歯ぐきの炎症が進み、赤く腫れて出血したり、冷たい水がしみたり、ちょっとした自覚症状が出てきます。
この症状が出てくるのは、歯を支える骨など歯周組織に影響が出始めたからです。ここからが本格的な歯周炎のはじまりです。
歯周ポケットが3mm以上に広がると、歯垢が溜まりやすくなります。自分で行う歯磨きで歯垢を除去するのが難しくなるので、歯科医院で専門の器具を使って取り除きます。

 

4.中程度の歯周炎
歯周ポケットは、4mm以上に広がっている状態です。本来は歯ぐきに覆われている歯が下の方まで見えるようになって、この段階で鏡を見て「歯が長くなった?」と異変に気付く人もいます。
口臭が気になり、物を噛むと痛みが出ることも。
歯を支える骨の組織が溶けて歯がグラついたり、歯ぐきが腫れて出血したり、膿がでることもあります。

 

5.重度の歯周炎
歯周ポケットは、6~7mmもの広がりを見せています。歯を支える骨の組織が相当にわたって溶けてしまっているため、歯は常にグラグラしている状態になります。自然に歯が抜け落ちてしまうことも。
ここまで進行すると、歯を支える骨の組織を回復させるため、骨移植や歯周組織再生治療といった外科手術を検討する必要がでてきます。

 

定期検診やメンテナンスで歯周病を早期発見しましょう

 

「もしかして、歯周病?」と慌てる前に、かかりつけの歯科医院で定期的な歯科検診やメンテナンスを受けることをおすすめします。

 

立川歯科医院 瑞江診療所の定期検診・メンテナンスでは、歯科医師・歯科衛生士が、皆さまのお口の中の様子をしっかりと確認・把握します。
歯周病の予防や早期発見のためにも、定期的に歯科医院へ通っていただくことをおすすめします。

保険で作った入れ歯の「半年ルール」をご存知ですか?

2019年10月25日

こんにちは。
東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。

 

初診でご来院された患者さまに「入れ歯を作ったばかりだけど合わなくて。もう1個作ってほしい」というご相談を受けることがあります。

 

入れ歯を新しく作ったものの、「痛い」「合わない」さらには「旅行中に失くしてしまった」といった問題に直面すると、「もう1個、新しく作ればいいか」と思うのも無理はないと思います。

 

歯科医院へご相談にお越しいただくのは良いことなのですが、入れ歯を作ったばかりの時は、気をつけなければいけないことがあります。

 

ここでは、保険の入れ歯の「半年ルール」について、紹介します。

 

保険で作った入れ歯を作り直せるのは「半年後」

 

その入れ歯は、保険適用内でお作りになったものでしょうか?

 

もしそうであるなら、再び保険適用内で新しく作り直せるのは「半年後」と決められています。

 

このルールは、例え、ほかの歯科医院へ転院しても変わりません。

 

もちろん、自費診療で新しく入れ歯をお作りになる場合は、まったく問題はありません。ところが新しい入れ歯も引き続き保険適用内で作る場合は、「半年以上すぎてから」という制限が設けられているのです。

 

これは、制限なくお1人で大量に入れ歯を作るケースなどがでてきて医療費が莫大に膨れ上がってしまい、制度が機能しなくなることを防ぐために設けられたルールです。

 

入れ歯をお作りになったら、失くしたり、壊したりしたりしないよう、自分の歯の分身として大切に扱うようにしてください。

 

嚙みわせの調整は、いつでもできます

 

半年間、新しくつくりなおせない保険の入れ歯。

 

でも、ご安心ください。噛み合わせが悪くて痛い、という場合は、いつでも調整できます。そのままにしておくと、お口の中を傷つける恐れがありますので、こうした調整については半年以内であっても保険適用内で行えます。

 

入れ歯を快適に使うためには、数回の調整を重ねる必要があるとされています。

 

実際に1日~1週間くらい使ってみて、違和感や痛みが出てくることがあります。個人差はありますが、作ってから4~6回の調整を行うことは普通です。

 

入れ歯の治療は、完成したら終わりではなく、調整を含めてトータルの治療期間と考えてください。

 

入れ歯は長く使うものですが、お口の中の状況は日々変化していくもの。何年か使っているうちに、合わなくなることも出てきます。年月が経過してからも、入れ歯を少し削る調整もおこなえますので、お気軽にご相談ください。

 

保険適用の入れ歯、半年ルールの特例とは?

「入れ歯の作製中に遠隔地へ転勤・転居が決まり通院できなくなった」
「急性の歯の病気で抜歯を行い、それまでの入れ歯が使えなくなった」
といった、特殊なケースのみ、特例として半年以内でも保険適用の入れ歯を新しく作ることができる場合も。

 

ただし、前回の入れ歯をお作りになった都道府県によって規定が異なりますので、詳しくはご相談ください。

 

立川歯科医院 瑞江診療所では、「しっかり噛める、外れにくい」入れ歯をご提供しています
合わない入れ歯に長年お悩みになられている方は、一度、当院へご相談にお越しください。

10月12日(土曜日)臨時休診のお知らせ

2019年10月11日

台風19号の接近に伴い、10月12日土曜日は臨時休診とさせていただきます。

 

歯周病が原因?命を落とすリスクが高い誤嚥性肺炎とは

2019年10月9日

こんにちは。
東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。
 
歯周病が、高齢者にとって命を落とす原因になる…そう聞いても、なかなかピンとこないかもしれません。
現在の日本では、65歳以上の高齢者の死因の第4位が「肺炎」といわれています。
 
高齢になると飲み込む機能が低下し、食べ物が誤って気管へ入ってしまう「誤嚥(ごえん)」が増えます。この誤嚥によって歯周病菌が肺に運ばれてしまい「誤嚥性肺炎」が発症し、高齢者が命を落とす原因になっているのです。
 
一見関係なさそうな歯周病と肺炎の怖ろしい関係、少しでもわかっていただけたでしょうか?
 

そもそも、歯周病ってどんな病気?

歯周病は、お口に残された食べかすに含まれる糖をエサにする歯周病菌が、歯の表面や歯周ポケットに溜まった歯垢を温床として増え続け、歯ぐきに炎症を起こす病気です。
 
初期の歯周病は自覚症状がほとんどありません。お口の中がネバネバするなぁと思いながらも、特に痛いと感じることがないので放置しがち。その間にも歯周病は進行していて、歯や歯の周辺の組織がどんどん溶かされていってしまいます。
 
症状が進むと、歯周病菌の温床である歯垢を、歯磨きなどの日常的なケアで除去することが難しくなります。そして、お口の中には常時、歯周病菌があふれている状態になり、歯が自然に抜け落ちてしまうところまで悪化することも…。
 
高齢になると、程度の差はあるものの、歯周病を患っている人が多くを占めます。厚生労働省の調査では、45歳以上の日本人の約半数が、軽度以上の歯周病を患っていることが報告されています(平成28年度 歯科疾患実態調査報告より)。
 

高齢になると飲み込む力が低下し、誤嚥(ごえん)のリスクが高まります

特に介護を受けている方の場合、誤嚥のリスクが高まるので注意が必要です。飲み込む力が弱くなっていますので、身体の状態によっては眠っている時に唾液が気管に入り込んでしまうといった不慮の事故も起こりかねません。
 
ご自身でお口のケアをすることが難しくなったら、歯科医師や歯科衛生士といったプロによる口腔ケアや定期検診・メンテナンスを受けることをオススメします。
 
歯周病菌の誤嚥を予防するだけでなく、誤嚥が起こりにくくなるようなケアやリハビリを受けられる場合もありますので、相談してみてください。
 

免疫力アップと歯科医院でのメンテナンスが大切です

歯周病を要因とする誤嚥性肺炎を予防するためには、身体の免疫力を上げることが大切です。まず、お口の中に歯周病菌が増えている状態そのものが、身体全体の免疫機能が下がっていることが一因といえます。
 
歯周病は生活習慣病のひとつ。不規則で栄養が偏った食習慣や喫煙による血流障害、ストレス、自律神経の乱れなど、さまざまな要因から体調のバランスが崩れ、歯周病菌が増えやすい環境を作っているのです。
 
立川歯科医院 瑞江診療所では、一人ひとりの年齢やお口の状態に合わせた定期検診・メンテナンスを行っています。
嚥下力が弱くなっていることが気になりはじめたら、健康な時よりもお口のケアをより一層、しっかりと行うようにしましょう。

HAPPY HALLWEEN

2019年10月5日

こんにちは、受付の松澤です。

まだまだ暑いですね。

10月になりましたので、院内をハロウィン使用に飾り付けしました。

飾り付けって楽しいですよね~

 

ハロウィンイベント開催中です★

お菓子を配っていますので、スタッフに「トリック・オア・トリート」or「おかしをください」と伝えて下さい。

images (7)

 

1 2 3 4 5 6 7 8
 
ページトップへ