ブログ|江戸川区瑞江で歯科をお探しの方は立川歯科医院 瑞江診療所まで

時間 日・祝
9:30~13:00 /※ /※
14:30~19:00 /※ /※
休診日:水曜日・日曜日・祝日(祝日のある週は水曜日診療いたします。)
※矯正歯科は、毎月第4日曜日です。

〒132-0014
東京都江戸川区東瑞江1-12-6
グリーン・ティエラ101

  • 電話
  • メニュー

ブログ

グラグラする歯は、抜くしかない?グラつく歯の原因と対処法

2019年11月25日

こんにちは。
東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。
 
グラグラする歯があると、気になりますよね。
 
つい、舌で押すなどしたくなりますが、歯のグラつきは、そこに何か問題が起こっているサインです。何か原因が隠されているはずなので、触れてグラグラさせると状態が悪化することもあります。
 
なるべく触れずにおきましょう。
そして、早めに歯科医院で診てもらってください。
 

歯周病が進行して歯が抜けかかっている?

 
歯がグラつく原因として考えられるのは、次のものがあります。

  1. 歯周病が進行して歯が抜けかかっている。
  2. 歯ぎしりで歯に圧力がかかりすぎている。
  3. 歯や、歯根が割れてしまっている
  4. 歯のかぶせ物や土台が外れてしまっている

歯周病が悪化し、歯を支えている土台の骨が溶けると、歯が安定感を失ってグラグラします。そのまま放置していると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
 
そこまで症状が進んでいると、抜歯などの外科手術を行わなければ改善は難しいかもしれませんが、症状によっては歯石の除去を行って歯ぐきを引き締めることで、グラグラを抑えられるケースもあります。
 
また、グラグラした歯を隣の健康な歯と連結させて固定するといった治療法も考えられます。
 
しかし、かなり重度の歯周病に進行している場合は、抜歯を免れません。無理に歯を残しても、周りの健康な歯まで歯周病にかかってしまうこともあるからです。
 
抜歯した後は、インプラントや入れ歯などで、失った歯の機能を補うこともできます。
 
 

歯ぎしり、ヒビ割れ、虫歯が原因?

歯ぎしりで歯に圧力がかかりすぎたせいでグラつきが起こっている場合、寝ている時に無意識に歯ぎしりしないようにマウスピースを装着して寝る方法があります。
 
治療した歯の被せ物や土台が外れてしまってグラつきが生じている場合は、歯科医院で付けなおしや治療のやりなおしを行います。
 
こうなる原因としては、治療した歯が再び虫歯になっていることも考えられます。虫歯になると、被せ物や詰め物が取れやすくなり、グラつきが生じることがあります。
 
また、歯が根元まで割れてしまったせいでグラグラしている場合は、ほぼ抜歯しなければならないでしょう。
 
該当の歯は、神経を抜く治療をおこなっていませんか?
 
神経を抜いた枯れた状態の歯に起こりやすい症状です。放置していると、細菌に感染して炎症を起こすことがあるので、早めに処置を行うようにしてください。

 

お口に異変・不安を感じたら、歯科医院へ

歯がグラグラしていても、必ずしも抜歯しなければならないというわけれはありません。早めに対策をすれば、歯を残せることもあります。
 
「おかしいな?」と思ったら、グラつく歯を押して確かめるなどはせず、できるだけ早めに歯科医院へ行きましょう。
 
立川歯科医院 瑞江診療所では、急患も受け付けています。「困ったな」ということがあれば我慢せずに、早めに当院へ相談に訪れてください。

ページトップへ