ブログ|江戸川区瑞江で歯科をお探しの方は立川歯科医院 瑞江診療所まで

時間 日・祝
9:30~13:00 /※ /※
14:30~19:00 /※ /※
休診日:水曜日・日曜日・祝日(祝日のある週は水曜日診療いたします。)
※矯正歯科は、毎月第4日曜日です。

〒132-0014
東京都江戸川区東瑞江1-12-6
グリーン・ティエラ101

  • 電話
  • メニュー

ブログ

よく噛める!目立たない!「入れ歯」の種類について

2019年10月2日

こんにちは。
東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。
 
歯を失ってしまった場合、さまざまな方法で補うことができます。入れ歯は、その手段のひとつ。嚙む、発音する、といった機能面の回復にも、生活の質を高めて快適な暮らしを楽しむためにも役立ちます。
 
お口の状態は一人ひとり異なるもの。入れ歯を使う目的や、ライフタイルによっても適切な入れ歯は違ってきます。お口へのフィット感が強いほど、よく噛めて、痛くなくて、外れにくい、使い心地の良い入れ歯になります。
 
自分にフィットする入れ歯を手に入れるために、歯科医師と相談しながら治療計画を立てましょう。
 

入れ歯の種類とは?

入れ歯には、「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。
 
保険の適用範囲内での診療では使用できる素材が限られていますが、入れ歯を作ることは可能です。
 
自費診療の入れ歯の場合は、治療法や選べる材質などが多岐にわたります。より一層こだわって、自分にとって最適な入れ歯を作ることができます。
 
 

総入れ歯について

 
すべての歯を失っている場合は、総入れ歯を使用します。歯ぐきのような色の土台に義歯がついているもので、お口の中の粘膜に吸着させて支えます。
 
土台に使われる素材は、金、プラチナ、チタン合金、コバルトクロームなど多彩です。
 
熱さや冷たさを感じることができて、おいしく食事ができる入れ歯や、強度に秀でた入れ歯、見た目が美しくて一見して入れ歯だと解りにくいものなど、さまざまです。
 
保険診療の範囲内で作る入れ歯の土台は、基本的に歯科素材用のプラスチック製です。
 

オーバーデンチャーとは?

 
自分自身の天然歯を支えにして固定する入れ歯が「オーバーデンチャー」です。粘膜を支えにする入れ歯よりも安定します。
 
天然歯のかわりにインプラントを1~2本埋め込んで固定する「インプラントデンチャー」の場合は、さらに安定するので、より優れた嚙み心地がが得られます。残された貴重な天然歯に負担をかけることもないので、安心です。
 

コンフォートデンチャーとは?

 
入れ歯の支えとなる土台の部分が、生体に優しいシリコンでできた入れ歯です。クッション性に優れているので、上あごや歯ぐきにかかる負担が軽減され、「痛くて噛めない」というお悩みを解消します。
 

部分入れ歯について

 
歯が1本だけ失われた場合から1本しか歯が残っていない場合まで、部分入れ歯での対応が可能です。基本的には、残っている歯にクラスプという金属製のバネを引っかけ、部分入れ歯を装着します。
 

ノンクラスプデンチャーとは?

 
見た目の美しさを求める方には、金具がなく目立ちにくい部分入れ歯も選べます。
 
これまでは話している時に「口の中の金具が見えるのではないか?」と気になっていた方も、心置きなくお口を開けて、笑ったり喋ったりできます。
 
金属を使用していないので、金属アレルギーの方も不安なく使用できます。
立川歯科医院 瑞江診療所では、患者さま一人ひとりのお口に合った「総入れ歯」「部分入れ歯」をご提供しています。

お口の状態やライフスタイルに合わせた最適な入れ歯を提案しますので、ぜひご相談ください。

ページトップへ