ブログ|江戸川区瑞江で歯科をお探しの方は立川歯科医院 瑞江診療所まで

時間 日・祝
9:30~13:00 /※ /※
14:30~19:00 /※ /※
休診日:水曜日・日曜日・祝日(祝日のある週は水曜日診療いたします。)
※矯正歯科は、毎月第4日曜日です。

〒132-0014
東京都江戸川区東瑞江1-12-6
グリーン・ティエラ101

  • 電話
  • メニュー

ブログ

妊娠期に歯周病にかかりやすい理由と、その対処法とは?

2019年9月25日

こんにちは。
東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。
 
妊娠すると、歯周病にかかりやすくなることをご存知でしょうか?
 
赤ちゃんがお腹にいる大事な時だからこそ、お口の中は清潔に保っておきたいものです。
ここでは、「妊娠期に歯周病にかかりやすい理由」や「対処法」について紹介します。

ホルモンバランスの変化で歯周病菌が活発に

妊婦さんが、「歯ぐきが腫れた」「歯ぐきから血がでる」といった症状を訴えることは少なくありません。そうした場合、その妊婦さんは、歯周病にかかっているのかもしれません。
 
妊娠によって女性の身体は、ホルモンバランスが大きく変わります。そのため、さまざまな体調の変化が起こります。これまでむし歯や歯周病にかかったことがない、という人も、妊娠をきっかけに歯周病を発症することがあります。
 
というのも、歯周病菌の中には、女性ホルモンが多い環境で繁殖しやすい種類のものがあるのです。女性ホルモンは、歯ぐきと歯の間から少しずつ染み出してくるため、歯周病菌の恰好の栄養源になります。女性ホルモンが多くなっている妊婦さんの歯ぐきが炎症を起こしがちなのは、こういった歯周病菌のしわざです。
 
歯周病は、高齢になるほど重症化しやすい疾患です。若いころに比べて免疫力の低下や慢性的な生活習慣病が増えるだけでなく、近頃は高齢出産が増えているので、気をつけたいところです。
 

唾液の量の量が減ってお口の環境が悪化するから

妊娠して、お口の中が乾きやすくなったと感じることはありませんか?
 
個人差はありますが、それは唾液の量が減るからです。
 
唾液には、食事の後の食べかすや歯垢を洗い流す作用があります。唾液が減ると、お口の中を清潔に保つ機能が低下し、むし歯や歯周病のリスクが高まります。
 
さらに、食事の量にも変化が見られ、量は少ないものの、「食べづわり」などで延々と何かを食べ続けている状態になることも。つわりがひどい時は、歯磨きができない場合もあります。常に食べカスがお口の中にある状態が続き、お口の中の環境は、さらに悪化することに…。
 
体調がよくない時は、お口の中をきれいに保つことは後回しにされがちですが、お腹に赤ちゃんがいるときは、ママ一人の問題ではありません。母親のお口の環境は、生まれてくる赤ちゃんに影響することがあります。赤ちゃんはむし歯菌ゼロの状態で生まれてますが、そのほとんどが、母親や家族からむし歯菌をうつされることになります。
 

妊娠したら赤ちゃんのために歯科検診を受けましょう

妊娠中は歯科治療ができないと思い込んでいる方も少なくないようですが、そんなことはありません。
 
立川歯科医院 瑞江診療所では、妊婦さんの歯の検診やメンテナンスを実施しています。
 
ほとんど影響がないとされていますが、気になるようならレントゲンや麻酔をつかわずにできる治療(歯のクリーニングや歯石の除去)を行うだけでも、歯周病の進行を抑えられることがあります。
 
市町村によっては、母子手帳を交付した妊婦さんが無料で歯科検診を受けられる制度を設けている場合がありますので、最寄りの公共機関でチェックしてみてください。

ページトップへ