コラム|瑞江で歯科をお探しの方は立川歯科医院 瑞江診療所へ

歯磨きだけじゃない?子どものむし歯予防に良い生活習慣とは

皆さんこんにちは。

東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。

 

お子さんのむし歯を予防する上では、歯磨きが最重要です。

これはすべての年代においてもいえることです。

歯磨きをしっかり行えていなければ、むし歯・歯周病を予防することは困難となります。

それに加え、生活習慣にまで気を配れるようになると、むし歯のリスクはさらに低下します。

今回はそんな子どものむし歯予防に良い生活習慣についてわかりやすく解説します。

 

砂糖の取り過ぎには十分注意しましょう!

むし歯の原因となるミュータンス菌は、砂糖(スクロース)を主なエネルギー源としています。

そのため、砂糖の摂取量が多くなるほど、むし歯のリスクも上昇する点に注意しましょう。

お子さまが普段、口にするおやつはできるだけ砂糖が含まれていないもの、あるいは代用糖が配合されているものを積極的に選ぶようにしてください。

そうしたシュガーコントロールは、親御さまがしっかり行ってあげてください。

 

食事・おやつの時間や回数を決める

私たちのお口は何らかの食品を食べた時点で汚れてしまいます。

また、食事の回数や時間が多くなるほど、お口の中が不潔である状態が継続するため、むし歯菌の活動もどんどん活発化していきます。

そこで食事やおやつの時間・回数に関しても親御さまがきちんと管理してあげてください。

とくに“ダラダラ食べ”のような不必要に長い時間をかけた食事は絶対に避けるようにしましょう。

 

「食べたら磨く」習慣を幼い頃から身に付ける!

むし歯菌が最も活発に動き出すのは食事をした後です。

食後のお口の中は、むし歯菌の大好物がたくさん存在しているだけでなく、酸性の環境に傾いていることから、普段以上に歯が溶けやすくなっています。

ですから、「食べたら磨く」という習慣を幼い頃から身に付けるようにしましょう。

そうすれば大人になってもむし歯に悩まされることはなくなります。

もしも歯磨きできるような状態でなければ、うがいだけでも行ってください

食べかすなどを洗い流すだけでも、むし歯予防に効果があります。

 

まとめ

このように、子どものむし歯予防を徹底するのであれば、生活習慣から見直す必要があります。

今回ご紹介した内容を参考にして、皆さんのご家庭でも生活習慣の改善に努めてみてください。

わからないことがあれば、瑞江の立川歯科歯科医院までご相談ください。

 
 

もっと詳しく

 

ページトップへ