コラム|瑞江で歯科をお探しの方は立川歯科医院 瑞江診療所へ

家族から感染してしまう「子どものむし歯」

皆さんこんにちは。

東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。

 

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、歯が生え始めると、いよいよむし歯が心配になりますよね。

最近では、乳歯のむし歯を放置するリスクについてよくご存知の方が多く、子どものむし歯はできる限り予防してあげたいと思われているようです。

そこで是非とも知っておいていただきたいのが、子どものむし歯の感染源です。

 

むし歯は細菌感染症の一種です

むし歯は、歯の表面にむし歯菌が感染することで発症する病気です。

そのため、その他の感染症と同様、必ず感染源が存在しています。

なので、感染源をしっかり断てば、むし歯を効率良く予防することが可能となります。

驚かれるかもしれませんが、子どものむし歯の主な感染源は一緒に暮らしているご家族であるケースがほとんどなのです。

 

むし歯菌はキスや食器の共有で感染が広がります

むし歯菌は、唾液を介して感染が広がることが多いという特徴があります。

もっともわかりやすいのがキスや食べ物の口移しですね。

また、食器やタオルなどを共有することでも感染が広がることがあります。

小さなお子様に、むし歯菌をうつす可能性があるのは、一緒に暮らしているご家族くらいですよね。

お子様のむし歯予防はご家族のむし歯予防から始まるといっても過言ではありません。

 

1歳半から2歳半の時期は特に注意が必要です

乳幼児がもっともむし歯菌に感染しやすい時期は「1歳半から2歳半」といわれています。

これを専門的には「感染の窓が開く時期」と呼び、ご家族のむし歯予防も普段以上に徹底しなければならない期間ともいえます。

乳歯列はこの時期に形成されていくのですが、歯並びやかみ合わせなどが不安定となり、細菌が定着しやすい環境が形成されます。

周囲のご家族がお口の中を清潔にし、お子様の口腔ケアもしっかり行っていれば、お子様はむし歯菌に感染せずにこの時期を乗り切れることでしょう。

ちなみに、感染の窓が開く時期を健康な状態で乗り切れると、それ以降、むし歯にかかるリスクが大幅に減少することもわかっています。

 

まとめ

このように、子どものむし歯というのは主に周囲の大人から感染するものなので、乳幼児がいらっしゃるご家庭では、ご家族のむし歯予防も徹底する必要があります。

立川歯科医院 瑞江診療所までご相談いただければ、ご家庭で行うむし歯予防のポイントなどを詳しくご説明します。

 

もっと詳しく

 

ページトップへ