コラム|瑞江で歯科をお探しの方は立川歯科医院 瑞江診療所へ

入れ歯・ブリッジと比べてインプラントは何が優れている?

皆さんこんにちは。

東京都江戸川区にある歯科医院、立川歯科医院 瑞江診療所です。

 

自然と抜け落ちた歯や抜歯をした歯を補う治療法としては、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つが挙げられます。

このうち入れ歯とブリッジは昔からある治療法で、保険も適用されることから、“とりあえず”選択することが多いです。

ただ、歯科治療というのは何度も繰り返せるようなものでもないため、始めから最善といえる方法を選択した方が良いといえます。

そこで今回は、昨今、人気が高まりつつあるインプラントは、入れ歯・ブリッジと比べて何が優れているのか、わかりやすく解説します。

 

インプラントは見た目が美しいです

インプラントは、人工歯根と人工歯(上部構造)、それらをつなぐアバットメントによって構成されており、その構造は天然歯とほぼ同じです。

そのため、治療後はどこにインプラントを入れたのかわからないくらい自然な仕上がりが期待できます。

一方、ブリッジや入れ歯にはクラスプや床(しょう)など、さまざまなパーツが付随しているため、天然歯とは程遠い構造を採っています。

その結果、インプラントの美しさが際立つことになります。

 

インプラントなら食べ物を選ぶ必要がなく、食事が快適です

インプラントには、顎の骨と結合した人工歯根があるため、硬いもの、粘り気のあるものでも気にせず食べることができます。

天然歯のようにしっかり噛み込んでも装置がズレたり、外れたりすることがないのです。

残った歯に固定するブリッジも比較的近い性質がありますが、着脱式の入れ歯に関しては食事の内容が常に制限されると言わざるを得ません。

 

インプラント治療では健康な歯を削る必要がありません

インプラントの支えとなるのは、顎の骨に根差した人工歯根です。

ブリッジのように両隣の歯を大きく削って固定源する必要がなく、残った歯への負担を大きく減少させることが可能です。

ちなみに部分入れ歯も装置の設計によっては、残った歯を削らなければならないこともあります。

 

まとめ

このようにインプラントには、入れ歯やブリッジと比べると、見た目が美しい、よく噛める、残った歯への負担が少ない、といったメリットがあります。

外科治療が必須、保険が適用されないというデメリットもありますが、それでもインプラントを選択する人が増えているのが現状です。

瑞江でそんなインプラント治療を検討中の方は、ぜひ立川歯科医院 瑞江診療所までご相談ください。当院ではさまざまなインプラント治療に対応しております。

 

インプラントについてもっと詳しく

 

ページトップへ